採用情報

各部門紹介Each department

[ 年長~中3 ]

創造学園エディック

創造学園

www.edic.jp

兵庫県公立高校トップ高校進学実績No.1

公立上位高校合格を目指し、小学生から中学生までを一斉指導形式の授業を行う創造学園エディックと創造学園。地域に密着した指導で実績を残し、各学区トップ校に多くの合格者を輩出しています。また子どもたちのやる気を引き出す工夫が、実用新案として登録されたオリジナル教材を用いていることも特長のひとつ。

学区上位高校合格者数で他塾を圧倒する実績を継続

2018年の兵庫県公立高校入試では、第1学区で長田高校(141名)、兵庫高校(82名)、神戸高校(59名)の難関3校で282名、さらに第3学区の加古川東高校でも130名の合格者を輩出しました。創造学園の学習指導、指導実績の確かさをこれらの数字は物語ってくれています。

[ 小1~高3 ]

エディック個別

www.edickobetsu.jp

創造学園個別

www.sozokobetsu.jp
[おうぎ形デスク 特許庁実用新案登録 第3201099号]

対面指導重視の自立型個別指導

コミュニケーションは言葉だけでは不十分で表情やしぐさも大切との考えから、講師と生徒が対面して座る創造学園ならではの個別指導形態が生まれました。その指導の中では単に教科指導だけでなく、目標設定や学習方法のアドバイスなども行い、子どもたちの自立を促す指導が実践されています。

[おうぎ形デスク 特許庁実用新案登録 第3201099号]

学習コーチが一人ひとりを見つめ、高い教育サービスを実現

各教室には、生徒・保護者・講師と連携を図りながら、より適切な指導サービスを提供するために学習コーチが配置されています。学習コーチは、情報連携以外にも生徒たちの学習意欲を高める企画の立案など教室運営全般を担当します。

[ 小1~小6 ]

創学アカデミー

www.sougaku-academy.jp

合言葉は第一志望校全員合格

中学受験部門である創学アカデミーの大きな特長は、各教科の講師陣が協力し合って子どもたちの学力を総合的に上げていくチーム指導体制。また志望校は、学力によってではなく、子どもたちの適性を十分に考慮してご家庭と話し合って決定し、一人ひとりを見つめた丁寧な指導で合格へと導いています。

自立と自律を育む指導で、高い第一志望校合格率を継続
※第一志望校合格率88.7%(2015~2019 5年間平均)

創学アカデミーでは、中学受験を貴重な「学び」の機会と考えています。単に合格だけを求めるのではなく、目標達成のために自らを律して計画を実行できる「自立(自律)学習」を指導し、社会に出てからも伸びる力の育成を目指します。

[ 小1~小4 ]

エディックきっず

www.edickids.jp

子どもの未来を伸ばす 新しい学童保育

「エディックきっず」は、兵庫県下で長年実績を積み重ねてきた創造学園が運営する、新しい学童保育。子どもたちが安全・安心な環境で過ごせることはもちろん、国語・算数・英語・ロボットプログラミングなどの力を楽しく伸ば す、創造学園独自の学習プログラムが組み合わさっています。

『学童保育×学習塾×習い事』オールインワンの取り組み

地域との連携や長年にわたる学習塾としての強みを生かし、スイミングや習字など様々な習い事もサポート。オールインワン体制の「エディックきっず」では、保護者の方の負担を減らし、充実の教育サービスを提供します。

[ 小5~高2 ]

G-PAPILS ジー・パピルス

www.edickobetsu.jp/g-papils/

日本初の全く新しい個別学習塾

次世代型個別学習塾「G-PAPILS」は、一流講師陣の映像授業を視聴し、学習内容に合わせて、最新のAI(人工知能)が理解度や学習すべき単元などを明確に分析。一人ひとりにぴったりの問題を提供することができます。苦手も得意も「見える化」が実現し、自分のペースで着実に学べる画期的な学習システムです。

精神面を支える先生、『学びサポーター』制度を導入

適切なアドバイスで子どものモチベーションを高め、自ら学び、理解しようとする姿勢を応援するのが『学びサポーター』。首都大学東京とG-PAPILSが共同開発したメンタリングメソッドに沿ってサポートを行っています。

[ 高1~高3 ]

創学ゼミ

www.sougaku.jp

創学個別

www.sougaku.jp/kobetsu/

リアルな対面授業にこだわる現役合格予備校

卒業生たちが口をそろえて言うのは、「ライブ授業だからこそ、わからないところもその場で質問して解消できた」「弱気になった時、先生が自分の名前を呼んで励ましてくれたからがんばれた」...等。映像ではなく対面ならではの授業が、生徒一人ひとりへのリアルな対応を可能にし、モチベーションを高め、多くの高校生を難関大学へと導いています。

進路指導のエキスパート「進路指導主事」

苦手科目・分野の学習方法の指導はもちろん、将来を見据えた志望校選定などの進路面談は、進路指導のエキスパートである進路指導主事が担当。入試データや個々の成績推移データをもとに、きめ細かなアドバイスを1対1対応で行っています。