採用情報

創造学園の使命Message

そこに教育の可能性がある限り、創造学園の挑戦は終わらない

教育業界の未来は明るいと、私は断言します。少子化や、AI(人工知能)の台頭により教員が不要になるという研究成果もあります。しかし教育にはまだ多くの「やらねばならないこと」があります。その自覚を持ち信念をもって取り組む教育機関は、必ず成長すると思います。
私は株式会社創造学園の社長として、4つのミッションを課しました。それは[1]教育事業の海外展開、[2]ICT、ライブ授業の融合型教育の完成、[3]教職員のメンタリングスキル育成・測定システムの開発、そして[4]創造学園型アクティブラーニング手法構築です。創造学園は1966年に誕生し、新たな50年に向けての歩みを始めました。ぜひ、子どもたちの未来を切り拓くため私たちの挑戦に加わってください。

株式会社 創造学園
代表取締役社長 勝野 哲也
1978年
兵庫県立長田高等学校 卒業
1982年
大阪大学 経済学部 経済学科 卒業
1982年
創造学園エディック 開発室 室長
1984年
創造学園エディック 芦屋校 室長
1991年
創造学園エディック 業務推進課 課長
1993年
創造学園エディック 運営統括部 次長
1996年
創学ゼミ 部長代行
1997年
クラーク記念国際高等学校 業務推進部 部長
2002年
(財)こども教育支援財団 首都圏運営責任者•東京分室長を兼務
2010年
創志学園高等学校 校長
2015年
株式会社創造学園 代表取締役社長

学研と創造学園の力で近畿圏No.1の教育集団を目指す

学研グループには全国に15,000教室を展開する学研教室があります。ここで学ぶ子どもたちは、小学校高学年までが主な構成となっています。加えて、創造学園のような優良進学塾・予備校と連携し、中学部・高等部を加えたシームレスな学外教育のつながりを作ってきました。今後は、これに共感してくれる優良な塾・予備校のアライアンス(提携)を全国で構成し、グループ内での人事交流は今後も一層進めていく予定です。
創造学園は常に「教科指導を通じて『生き方』を教える」という考え方を大切にし、新しい教育を実践してきました。今後広がっていく塾、予備校グループの中においても、その教育理念のもと、学研グループの中心的な存在として活躍し続けてくれることを確信しています。

株式会社
学研塾ホールディングス
代表取締役社長 福住 一彦
1976年
兵庫県立長田高等学校 卒業
1980年
神戸大学 経営学部 経営学科 卒業
1980年
創造学園エディック 開発室 室長
1981年
創学ゼミ 開校事務局 責任者
1982年
創造学園エディック 教務管理課 課長
1993年
創造学園エディック 運営統括部 部長
2000年
愛媛女子短期大学 副学長
2007年
IPU・環太平洋大学 事務局長
2010年
株式会社学研エデュケーショナル 代表取締役社長
2015年
株式会社学研塾ホールディングス 代表取締役社長
2015年
株式会社学研ホールディングス 執行役員